お問合せ・お見積りはこちらお問合せ

お問合せ

太陽光発電システムとは太陽の「光エネルギー」を直接「電気エネルギー」に変換する発電方法です。
昼間に発電した電気は家庭で利用し、余った電気は電力会社が買い取ってくれます。
また、曇りや雨の日など発電した電気では足りない時や夜間などは必要分のみを今まで通り電力会社から購入します。
光熱費を節約することができ、暮らしの中で自然と省エネを意識することができます。

太陽光発電システムの仕組み

① 太陽電池モジュール
このパネルで太陽の光を受けて電気を作ります。パネルの種類は大きく分けて2種類あります。
固体のシリコンを溶かし、冷やして固めたものが結晶シリコンです。
固める方法により、1つの大きな結晶からなる「単結晶」と多数の小さな結晶からなる「多結晶」に分かれます。
多結晶は単結晶に比べ製造コストが安い反面、結晶と結晶の境目で抵抗が発生するために発電効率では若干劣ります。

② 接続箱
太陽電池モジュールで作った直流電力を集め、パワーコンディショナーへ供給します。

③ パワーコンディショナー
発電した電力を家庭で使える電力に変換し、システム全体の運転を自動管理します。
メーカーにより屋内仕様、屋外仕様があります。

④ 自立運転専用コンセント
災害などで停電してしまった場合、簡単な切り替えで自立運転モードへ切り替えることで、専用コンセントから1500Wまでの電力を使用することができます。

⑤ カラー電力モニター
発電量・売電量の確認ができるモニターです。毎日の発電量チェックが楽しくなるモニターで様々な情報を確認することができます。

⑥ 売電用メーター
発電した電力のうち、余った電力を電力会社へ売るためのメーターです。通常の電力メーターの隣に設置します。

太陽光発電システム選びのポイントへ