ドローンに関する質問集

ドローンに関する質問と答え


Q:どのような場面でドローンが活用できますか?

A:ドローンにカメラなどを搭載し上空から俯瞰撮影が可能です。
フカデンが提供するマルチコプターは、点検、空撮、測量など産業用途にご活用いただけます。太陽光発電パネル、橋梁やコンクリート壁面の点検には、サーモグラフィーを搭載します。高所の撮影、人の立ち入りが危険な場所にも活用いただけます。

Q:ドローンの操作はだれでも出来ますか?

A:ドローンの操作は、GPSを使用した自動飛行プログラムを使用する場合、時間をかけることなく習得が可能です。
ただし、屋内などGPSの受信が出来ない場所での運転や自動飛行中に不安定になる場合に備え、マニュアル操作を習得しておく必要があります。マニュアル操作には、小型のものから練習を始め、徐々に大きな機体で操縦の慣れを身につけていくようなイメージで、かなりの練習が必要です。
ちなみに、ドローンの操作自体は2016年4月時点で免許は不要ですが、ドローンの爆発的な普及にともない将来的に免許制となる可能性があります。(※用途によっては現状でも無線技士の資格が必要になる場合もあります) また、2015年12月より、航空法が改正され飛行場所・飛行条件によっては国土交通省への許可承認申請が必要になりました。安全ガイドラインを確認して、法令違反にならないよう気をつけて下さい。

Q:ドローンの実機の見学、デモフライトを見ることは出来ますか?

A:はい。実際に購入を検討されるお客様に対し、デモフライトで実際に飛行しているところをご覧いただくことは可能です。
基本的に当社が企画するデモフライト(愛知県豊田市内)にご参加いただく形態を取らせていただいております。場合によってはお客様のデモフライトご希望地へ出向くことも可能です。

Q:ドローンが飛ばせられない条件はありますか?

A:はい。風速8m/s以上の風が吹いている場合は、運転を中止しております。また、雨の場合も飛行できません。

Q:何分間飛んでいられますか?

A:当社のドローンは、一度の充電で最大40分飛行します。※気象条件、搭載物、移動スピードなどで連続飛行時間の長さは異なります。
有線給電装置を使用すれば、更に長時間(最大4時間実証済み)飛行が可能です。

Q:飛行禁止区域はどこで調べられますか?

A:2015年12月10日に、航空法の一部改正により、飛行方法とエリアが規制されるようになりました。人口集中地区や空港の近くなどを
確認できる地図を利用し、事前に使用しましょう。 ドローン専用飛行支援地図サービスSORAPASS

Q:ドローンの操縦訓練はどこでできますか?

A:私たちフカデンは、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)に加盟し、JUIDA認定のスクール「豊田ドローンスクール」を運営しています。愛知県豊田市内で4日間のカリキュラム(座学・実技)を受講していただき試験を合格・修了すると、JUIDA無人航空機操縦技能証明書・JUIDA安全運航管理者証明書を取得することができます。 2015年12月10日の航空法改正により、ドローンの操縦が可能なエリアが限られるようになりました。また、国土交通省への許可承認申請の際に、操縦者の飛行経験の提示が求められます。「豊田ドローンスクール」では安全な訓練場での飛行経験とこの申請に必要な知識が得られるので、スクール修了後は業務としてもドローンを活用することができるようになります。