消防救助技術指導会でドローン展示

こんにちは!
愛知県豊田市の株式会社フカデン
エコ・プロジェクト推進室です!
先日、三重県鈴鹿市の消防学校で行われた
第44回消防救助技術東海地区指導会にて、
フカデンのドローンを展示させていただきました。

当日の気温は35度超え!消防士の皆様は炎天下の中、壁やはしごをよじ登ったり、
救助の技術を競い合って披露されていました!!火火火火火
ギャラリーも多く、控えめにしか見られませんでしたが、普段目にすることのない
妙技に思わず目を奪われてしまいました!!!筋肉 消防車

私達のドローンは普段安全に持ち運ぶために、
ペリカンケースに入れています。
頑丈な上、クッションもぎっしりと詰まっているので
精密機器も安心して運ぶことが出来ます。
そのペリカンケースのペリカンさんの製品は、
消防士の方もよく使っているプロ仕様。
今回は、私達がケースを使っているということで、
展示ブースにお誘いいただき展示させていただいたのでした。

私達はドローンメーカーで、これまで設備点検などには着目して落ちましたが
防災、消防、救助という目線での使い方については、今回の展示ではじめて
たくさんのご意見をいただけて、今後の展開のヒントにもなりました。
消防士さんたちが命をかけて冒すリスクを、ドローンの技術で少しでも軽減でき
救助を欲する人の安全を少しでも多く守ることができたら、素晴らしいことだと思います。

< 活躍できるように、がんばるよ~!
ところでペリカンさんのケースで、とても小さくて可愛いモデルが有ります。
話によると、サーファーの人たちが貴重品をいれるのに重宝しているそうです。
(防水!)
見た目もとても可愛くてカラフルなので、ちょっとしたお出かけにも、使えるかも♪
 

関連記事

  1. ビジネスエコショールーム開設

  2. 全社営業を目指します!

  3. 屋上緑化★ゴーヤの発芽

  4. 尾鷲三木浦ソーラー 発電開始!

  5. 豊田市ミライ・チャレンジ都市パートナーシップ協定

  6. お花見?をしました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。