フカデン設立30周年のご挨拶

 

今年度は、フカデン設立30年となります。設立は1991年9月3日でバブル経済も終わり日本全体に沈滞ムードになっておりました。世界情勢では、湾岸戦争がはじまり大変不安な世の中の状況でした。

その後、日本経済は低迷しつつも緩やかな成長をしてきました。その頃からインターネットの普及や通信網の充実が整備され、光ファイバーが海底に埋設される様になりました。
インターネットは、第二の産業革命とも言われました。今では、当たり前の様にネットサーフィンやSNSで書き込みしていますが、当時はスピードも遅く途中で寸断されるのは当たり前でした。それから30年で、5Gや2030年には6Gも期待され自動運転や宇宙開発、空飛ぶ自動車も夢ではないと思います。

そのような中で、フカデンは自動車・航空宇宙・環境関連を得意として、この世の中に貢献し役に立つ企業であり続ける為には、人財育成と技術の追求に他なりません。更なる技術のレベルアップと人財育成に力を入れて参ります。

最後に、新型コロナウィルス感染症と戦う中、新しい生活スタイルやビジネスモデルも今後の会社経営に置いて重要な要素と考えます。そして、地球の温暖化による異常気象や環境の変化により自然が破壊されていますが、この様な結果を以前の姿に取り戻す企業でありたいと思います。


2020年9月1日

株式会社 フカデン

代表取締役 加藤 太