※新型コロナウイルス感染症防止対策
・少人数(5名以下)で開講しています。
・スタッフはマスク着用、出勤時に検温を行っています。
・入口には手指消毒液を設置しています。
・座学講習会場は定期的な換気を行います。
 実技講習は屋外で距離をとって行います。

4日で資格取得!
JUIDA認定

ドローンは規則が難しそう...
操作はもっと難しそう...

   と思っていませんか?

そんなあなたに朗報

フカデンの豊田ドローンスクールは、JUIDA認定のドローンスクールのため
無理のない4日間のカリキュラムで、必要なことをしっかりマスターし
自由にドローンを操縦できるようになります。

豊田ドローンスクールで
学べるつのスキル

10時間以上の飛行経歴S

無人航空機(回転翼航空機=マルチコプター)の 飛行経歴が10時間以上と定められています。
これが当スクールの実技で証明されます。

操縦技能

ただドローンを飛ばすだけでなく、基本から 応用まで実技でしっかりと習得できます。

航空関係法令に関する知識

違反すれば処罰対象です。

安全飛行に関する知識

ドローンに備わっている安全機能を使いこなせるか、 日常点検ができるか、雨風などに係る気象の知識が あるかなど、安全飛行の知識

飛行前のチェック

「安全に飛行できる!」と自分自身で判断するために 必要なチェックです。

この5つのスキルで

・ドローンの飛行申請のやり方がわかる
・ドローンの操縦技能が身につく

↓

・自身で国土交通省への飛行申請が可能になり
自分自身でドローンを飛ばせるようになる!

豊田ドローンスクールの
ここがすごい
安心して実技に入れるつのポイント

座学講習の間に、室内シミュレーターで練習できる!

実技の前に、室内トイドローンで練習できる

コース紹介

JUIDA操縦技能コース
無人航空機を安全に飛行させるための知識と操縦技能を 身に付けます。
本コースを受講することで、修了者にはJUIDAが定める 申請手続きを行えばJUIDA『操縦技能証明証』が交付されます。

JUIDA安全運航管理者コース
JUIDA操縦技能コースの修了者は本コースを受講することにより 無人航空機の運航に関わる十分な安全と法律の知識、並びに飛行業務の安全を管理する知識を学びます。
修了者にはJUIDAが定める申請手続きを行えば、JUIDA『安全運航管理者証明証』が交付されます。

<受講カリキュラム>

座学 USA概論 定義と歴史/適用事例/課題
法規制・ルール 国際的な動向/国内法の動向/国内における飛行状況
気象 ドローンと気象/風の吹くメカニズム/強風事例/積乱雲/台風情報/霧/気象予測データ
技術 飛行原理/機体構造/GPS/リチウムイオンバッテリー/通信・電波
運用 安全確保/禁止事項/義務・注意点/操縦方法/確認事項/安全対策/SoraPass
安全運航管理者コース 安全運航管理の意義/ドローンのリスクハザードの把握・知識/リスクに対する安全管理の手法
実技 整備・点検 日常の点検方法/飛行確認
手動操縦 シミュレータ・トイドローンによる訓練/操縦技能基礎訓練/模擬演習訓練
自動航行 自動航行設定方法/自動航行による飛行/トラブル発生時の操作介入

※各項目修了試験あり

<受講料>

JUIDA操縦技能コース・JUIDA安全運航管理者コース
(座学2日間・実技2日間)
受講料250,000円(税込275,000円)
※2021年4月より価格改定いたしました。
最小開講人数2名より

※4日間 ドローン貸出有り
(Phantom3STANDARD ・室内練習機)
【受講金に含まれるもの】
講習代、ドローン使用料、テキスト代、昼食弁当代、練習場使用料、会議室使用料
【受講料に含まれないもの】
宿泊費、会場までの移動費、JUIDA証明証申請料
(※JUIDA証明証発行についてはJUIDA申請時に別途交付申請料等がかかります)

法人様の場合「人財開発助成金の対象です」
ドローンパイロット養成に、厚生労働省の人財開発支援助成金制度を活用することができます。
企業の人財育成と労働者のキャリア形成のために、ぜひご活用ください。
申請には様々な要件がございます。詳しくは最寄りの都道府県労働局へご相談ください。

厚生労働省のホームページ
 

講習日程は変更になる場合がございます。予めご了承ください。