平成24年度太陽光発電補助金

 こんにちは

愛知県豊田市の株式会社フカデン

エコ・プロジェクト推進室です!

一部のうわさでは「太陽光発電の補助金は次年度にはでなくなるのでは?」とも聞いていましたが、

太陽光発電普及拡大センター(太陽光補助金の管理組織)から

平成24年度の住宅用太陽光発電システム導入支援補助金

の概要が発表されました。

補助金の対象となる機器や金額などの変更もありますので

発表された内容を引用しながら、解説をさせていただきます!

1.補助対象となるシステムの上限金額と補助金単価の2段階化について

補助金額は1kW当たりのシステム価格に応じて、下記2種類どちらかの補助単価で申請することになります。

  • 1kW当たりのシステム価格が 55万円以下のもの      3.0万円/kWを補助
  • 1kW当たりのシステム価格が 47.5万円以下のもの    3.5万円/kWを補助

(備考)

  • 1kW当たりのシステム価格 = 補助対象経費 ÷ 太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値 となります。
  • 1kW当たりのシステム価格の算出における太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値の上限は9.99kWとします。

太陽光発電システムを導入する際にかかった費用(工事や製品の金額)を

導入する太陽光発電システムの容量(単位kW)で割った金額によって

補助金の額がかわってくるようです。

導入費用を安く抑えたほうが、補助金の金額を多くもらえるいう内容です。


2.太陽電池モジュールの変換効率基準の改定

モジュール化後のセル変換効率がそれぞれ以下に示す数値以上であることとします。
変換効率基準の見直しにより、適合機種が変更されますのでご注意ください。


1. シリコン単結晶系  :  16.0%以上
2. シリコン多結晶系  :  15.0%以上
3. シリコン薄膜系  :  8.5%以上
4. 化合物系  :  12.0%以上

(備考)

  • 上記の変換効率は以下の計算式に基づいて算出する。
  • 基準変換効率(%)
     = モジュールの公称最大出力(W) ÷  {1セルの全面積(m2) × 1モジュールのセル数(個) × 放射照度(W/m2)}
  • ※放射照度 = 1000W/m2

真夏の太陽光で、1平方メートルあたり約1キロワットのエネルギーを持っています。
太陽電池に照射された太陽光のエネルギーのうち、何%を電力に変換できるかを、変換効率
という値で表します。

太陽光発電モジュール(パネル)には材質や製法によって種類がありますが、
今回の補助金ではそれぞれの種類の製品に変換効率の基準を設けてあります。

3.補助対象システムの出力上限の考え方

太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値、またはパワーコンディショナの定格出力の合計値のいずれかが、10kW未満であることとします。

導入する太陽光発電システムの容量が10kW以上の場合、
補助金は出ないということになります。

4.申込期間

平成24年4月下旬から平成25年3月下旬まで

詳細は、後日の公表。申し込み開始は4月下旬だそうなので、

また、フカデンブログでもお知らせします!

JUGEMテーマ:太陽光発電

  株式会社フカデン エコプロジェクト推進室
http://www.fukaden.co.jp/eco/

関連記事

  1. ショールームでシュウマイを作りました。

  2. ひまわりネットワークに出ます!

  3. 柳橋ビアガーデンに行きました

  4. 豊田市挙母神社で空撮!

  5. 8月の天候

  6. ドローンで太陽光発電パネルの点検

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。